あらら

自転車のメンテナンス

自分でやれる事はやってみる

とても良い事です。

万が一、出先でトラブルになった時に、

自転車の機構(メカニズム)を知っていれば

色々と対処の仕方が変わってきます。

しかし、

今回は手に負えなくて緊急搬送されてきました。

病状?は

シフトが変わらない。

YouTube見てたらワイヤー抜いて入れるだけだからと、、、、

そしてその結果

STIレバーの中で新品のワイヤー解れてました

タイコがちゃんと受けに収まってないのに

シフトレバー動かしてしまったのが原因です。

確かにケーブル交換は抜いて差し直すだけですが

そこには守らなくてはいけないポイント(作業手順)がいくつもあります。

見られてた動画がどこまで説明してくれてたのか?ですが、

メカニズムを理解せずに作業すると

安く仕上げるはずが、無駄な時間と労力使って

結果高くついてしまいますね。

コメントを残す