練習内容

本日はお久しぶり参加のおおさわさんにモデル(人柱?)になっていただき

練習していただきました。

表のストレートではアウターで可能な限り重いギアで

踏み位置(入力)と脱力を意識していただき走ります

そして裏のストレートでは

インナーで可能な限り軽いギアにして

ハイケイデンスの練習

ただ回すだけでなく、表のストレートで意識した

入力、脱力を実行していただきますが

そんな簡単にはいきません。

おおさわさんの場合、120rpmからケツが跳ねてバタつきます

まぁ それが普通なんですけど

これを実行できるようになると

200rpmまで回すことができるようになります。

これ私の今日のデータです。

ただし、私も最近走ってないので瞬間は出るのですが、

維持継続が出来なくて・・・

この練習の真価は、200rpm出すことではなく

が、出来るようになるとわかります。

コメントを残す